ジグザグの壁が


c0184620_1021558.jpg


改装工事用の、落下物防止はね出し庇です。

元のビルが、雁行していてジグザグなものだから、それに従って、はね出し庇もまっすぐには架けられなかった。仕方なしに低い高いを繰り返して、こんな風なリズムをつくり出した。つまり、「ジグザグ」が「高低」に変換されました。

どうでもいいことでしょうが、少し感心いたしました。ちょっと気になる庇です。
だからどうした、とは言わないでほしいのですが・・・ ■ 10.04.02 GRD3



c0184620_1022107.jpg

       こちらは一週前の写真。 それがなんだ、と言わないで・・・
[PR]
by bau-2 | 2010-04-02 10:26 | ・objet | Comments(0)
<< 花見が済んで日が暮れて 箱崎から馬出 >>