改装の住吉オベリスク


c0184620_902250.jpg


以前ご紹介したことのある住吉オベリスク、先日神社へ行ったついでに前を通りました。そしたらなんと改装されていて、綺麗になっているではありませんか。すごいぞ鶴亀湯。いよいよオベリスクのテッペンが舞台化するのか。

一瞬、そう思ったのですが、改装はオベリスクではなく銭湯だけでした。あたりまえか。


c0184620_903916.jpg


しかし考えてみますと、前回取り上げた物干しテラスも舞台のようでしたなぁ。住吉には舞台が多い。 ■ 09.12.29 GRD2

      ・・・

住吉神社へ行ったのは
「博多古図」の印刷したものが境内で売られている、と耳にしたからでした。大きさはB4サイズで257×364、まあまあの大きさです。鎌倉時代に描かれたものを江戸時代に筆写し、明治になって奉納されたと解説にありました。

境内で見ることのできた「説明の地図」は緑色がベースの地図でしたが、今回手に入れたB4サイズ印刷地図は、茶色がベースで絵馬に木目がくっきり入っています。ちょっと風格がありまして、ここで紹介したいのですが、それはルール違反となりますので説明だけにしておきます。

上にあるような解説のほか、地図に書き込まれている筆文字も、薄紙に印刷し直し重ねてあるので、ずいぶん読みやすくなっています。これなら千円も仕方ないと納得しました。

ところで昨年,設計通信bauに書きました古図に描かれた「地形の検討」を、そのうち少し整理し直したいと思っていました。以前から考えてはいながらなかなかできないのですが、まとまった時間になんとかする予定でいますので、その時はどうぞよろしくお願いします。

今年もそろそろ終わりです。それではいい年をお迎え下さい。 / bau
[PR]
by bau-2 | 2009-12-29 09:14 | ・街路 | Comments(0)
<< イカ釣り漁船だ 物干しテラス >>