日暮れの白壁


c0184620_9164298.jpg


このところ夜はだいぶ冷え込みます。
マンションの建ち並ぶ街中に、ひっそり残る土蔵の白壁が、日暮れてからもほの明るく、まるで壁自体が発光しているようです。たぶんどこかの街灯の光でしょう。妻壁の白が夜空に映えて、ちょっと不思議な光景です。

壁の上のまだら模様の灰色は、たぶん剪定された松の木の影でしょうか。いったん気になり始めるといつまでも気にかかる白壁で、しずかに通りすぎることがだんだんできにくくなります。ちょっと気になる帰り道です。 ■ 09.12.08 GRD3
[PR]
by bau-2 | 2009-12-08 09:26 | Comments(0)
<< ビルの隙間 ネオンとテント >>