福岡マルシェのトレーラー


c0184620_116068.jpg


土曜の夕方、市役所前広場を歩いたら、巨大なトラックに出会ってビックリしました。
外側が一面ガラスで、中にはカウンターがあり、その中に板前さんらしき人がいて何やら片づけをしている。どうも鮨カウンターのようでした。

いったい何事だろうととそばの人に聞いてみたら、これは大分佐伯から来た屋台トラック「すし寅」で、広場で行われている「福岡マルシェ」佐伯市編のイヴェントだったそうです。名産の新鮮な魚でつくった寿司を福岡の方に、ということらしい。トレーラーハウスなら知っていたけれど、トレーラー寿司屋ははじめてだ。


c0184620_1162251.jpg


巨大な冷蔵庫に佐伯の魚を積込んで、給水タンクに大量の水、そしてガスボンベやガスレンジも組み込んでいるのでしょう。このトレーラーで全国のイヴェントをまわっているようだ。

くるくる寿司ならカウンター前にある付け台が回っているのですが、こちらは店本体が全国を回っている。考えてみれば、これはものすごい回転寿司ということになる。

しかし、もともと寿司屋は屋台からはじまったのだといいますから、これはこれで由緒正しいスタイルといえるのかも知れません。21世紀型の屋台と言っていいでしょう。


c0184620_1163945.jpg


「福岡マルシェ」の中でも大人気だったらしく、お昼にはじまってすぐ行列ができ、数時間で売り切れたといいます。ということで、残念にも食べることはできませんでした。

ガルウィングのような扉が閉じると、そのままハイウェイを走るトラックに変身するのでしょう。気になる寿司と気になるトレーラーでした。 ■ 09.11.16 GR3



長さ10メートル、幅2.3メートルの荷台部分に、6メートルの寿司カウンターを備えているといいますが、似たお話の、コンテナボックスはこちらです。
[PR]
by bau-2 | 2009-11-16 11:29 | ・街路 | Comments(0)
<< 落ち葉を集めて 気になる外壁 >>