博多駅ビル工事進行中


c0184620_10145586.jpg


映画を見に行きがてら、ついでに駅ビル工事の具合を見てきました。

ターミナルビルの6階にある、紀伊国屋書店からではもう見えない。
6/23ではまだ3階ほどだったのに、アッという間に7階ほども鉄骨が立ち上がったからだ。しかたがないので8階まで上がり、そして右の端に寄って、やっと写真のように見通すことができた。

向こう正面に見える部分は、すでに10階まですべて立ち上がっている。それを右手の大通り側から見ると、もう外壁パネルまでが取り付け進行中だ。この様子だと、新幹線開通のずぶん前に出来上がるのではないだろうか。



映画は期待の「南極料理人」でした。
ところが、エピソードは悪くないのにそれぞれがばらばらで、せっかくの題材を生かしきれていない。お話の、料理法がもう一つのようでした。
新聞などでは、相当評価されていたようだけど。どうも最近、あまり当てにはなりません。



c0184620_10154765.jpg


出かける途中、住吉橋を通ってきました。7/24の「宮本常一写真集」にある、塔の家と同じアングルの写真です。橋のたもとにある川縁への下り口が、38年前の写真と同じように残っていました。

左の石垣はそのままですが、右側はコンクリートに変わっています。ひびの具合から見るに、石垣をコンクリートでカバーしただけのようで、ちょっと気になる那珂川でしたが。 ■ 09.08.25 GRD2
[PR]
by bau-2 | 2009-08-25 13:05 | ・街路 | Comments(0)
<< 夏の終わりの細い路地 路上の物体 >>