すれすれ ぎりぎり


c0184620_1012263.jpg


黄金週間も無事にというか、とうとうというか、終わりました。

「旦過市場」から1.2キロほど南に下ったところ、大通りに面してこんなダイナミックなY字路がありました。いや、ダイナミックなのはそばを通る高速道路の方です。
北九州高速道がすれすれに走っているのです。その隙間は、ぎりぎり30数センチほどでしょうか。ただただすごくて黙ってしまいます。例えばこんな風かと・・・

トイレで用を足している目の前を、右から左へ一瞬にして
時速100キロのダンプが行き過ぎる、びゅん!!!っ 
思う間もなくこんどは左から右へ、ざざ!!!っ 
そのたび首をひねります、しゅっしゅっ!!!っ

そんな感じではないでしょうか。
あぁっと、書いてから気がつきました。防音板がついていて見えないでしょう、きっと。
逆光でどうも見にくい写真ですが、そこはどうぞごかんべん。
黄金1丁目「虎屋のパン」ビルでした。


右の道を進むと60メートルほどで「黄金商店街」、そこをさらに進むと右手の一角が「黄金市場」。60メートル四方ほどの小さな市場ですが、戦前から続いているそうで結構しぶい。ちょっといい感じの市場でありました。


c0184620_10124462.jpg


隣の一角はもう取り壊されたのか、駐車場になっていた。
市場裏手のこの写真、これまた逆光ですいません。

これはたぶん「旦過市場」のすぐ近く、南側1.2キロの所にもう一つ別の生活圏があったということでしょう。二つとも、戦前から続いてきた市場です。中間あたりに住んでた人は、はたしてどちらの市場に行ったのでしょうか。当時の賑わいがしのばれます。 ■ 09.05.07 GR2
[PR]
by bau-2 | 2009-05-07 12:53 | ・街路 | Comments(0)
<< 黄金色の店 旦過市場 2 >>