六つ角から入って

薬院六つ角から、ちょっと南東に入ると
直角ではない、変則十字路があります。

おまけに1本、小さな路地が加わって、
けっこう複雑な感じですが、

c0184620_12092834.jpg

今回は複雑さでなく、緑の生茂りです。

なんの木かは知りませんが、細いはずの幹に、
地面から生えた蔦が上って行き、

上で広がる枝まで伸びて、一体となり、
心地よい木陰を作っているのでした。

そばのお店は B B B POTTERS というおしゃれな雑貨屋、
たいていいつも若い女性で賑わっています。

見るだけのことが多いのですが、たまに小物の器を買ったり、
スプーンを買ったり、けっこう楽しい品ぞろえ。

c0184620_12093264.jpg

ちょっと進むと、こんどは電線の影が面白く、
思わずシャッターを切ったのでした。

電線は、地面の影が、いっそうきれい。 19.03.19  iphone


# by bau-2 | 2019-03-19 12:15 | ・路地 | Comments(0)
朝の電線

朝の電線、と云ってもただの通勤途中。

ただ朝だと、電線もすがすがしいような、
そんな気がして撮ったのでした。

c0184620_09301292.jpg

要するに頭がまだ働いてない。

それを、すがすがしいと感じるのは、
少しおかしいの、かもしれません

それもたまには、いいと、いたしましょう。
ましな写真がないかと、ぱらぱら見てたら目についたもので。

c0184620_09301773.jpg

で、ちょっとへんな写真も、ついでに見つかりました。
いつ、どこで、何を、撮ったのやら、

c0184620_09302162.jpg

まるで、さっぱり思い出せませんが、
しかし、なんだか、面白そう。

で、倉庫に眠らせておくのも、もったいないかと、
取出して、眺めてみる気になったのです。
 
19.03.12  iphone

うまそで、たまご、かしらん、
それとも、ランプシェードか、
何も考えないで、撮ってしまったからこそ、面白いのかも。


# by bau-2 | 2019-03-12 09:34 | ・路地 | Comments(0)
パン屋さんの向いは工事中

 先日、取壊し現場の写真を撮ったのは、
「ブレッド」というパン屋さんの向いでした。
 いつも食パン買ってます。

で、今回は警固2丁目「シャトール」というパン屋さんの、その向い。
 以前食パンがおいしくて、よく遠回りして買ってました。

その向いのビルが、これまた取り壊し工事中。
右手の路地奥に、知り合いの住いがあったので知ってたのでしたが、
それら全部が、一つ細長い大きなビルだったようで、驚きました。

さし当って通り側だけ、取壊しが終ったところ、
 重機かなんかの置場となるのでしょう。

そうとう、大がかりな工事となりそうです。

c0184620_08543786.jpg

 市内あちこちで、建設工事や取壊し工事が行われ、
 何となく、ざわざわしています。

「位置について、 ヨーイッ….. とでも、いうような、
オリンピック前の「ラッシュ」でしょうか。

c0184620_08544123.jpg

工事の手が足りない、という話しも耳にしますが、
いい環境を、つくり出して欲しいもの。

 しかし、ここで疑問がひとつ、
  パン屋さんと建設工事、

 なにか、関連、あるのでしょうか?

19.03.05  iphone  あるわけないよね。
c0184620_08544589.jpg

# by bau-2 | 2019-03-05 09:02 | ・路地 | Comments(0)
映画館への途中で

またまた以前の写真ですけど、
c0184620_09121412.jpg

KBCシネマへ向う途中の交差点、
その横断歩道で青信号を待っていると、

景色がこんな風でした。

c0184620_09121802.jpg

ちょっと隠れ家に潜んだみたいで、
そんな気で、青に変るのを待っていたのです。

歩道橋の枠の向こうに景色を見ると、

何となくおもしろいような気になって、
カメラを向けました。いや、この時はスマホでしたか。

c0184620_09122395.jpg

大きな昭和通りのあとに、那の津通りでふり向くと
これまたちょっと、いい景色で、

あと2秒遅かったら、歩く人が入って
もっと良い写真になったのでしたが。

c0184620_09122629.jpg

映画が終ってその帰り道でも、
路地に入って先ほどのビルの裏側を、パチリ。

このビル、ちょっと気になるのです。

窓が少なく、閉鎖的だけど、
あちこち突起があって、面白そうで、 19.02.26  iphone

思い切って文字サイズを大きめにしてみました。
ホントは、この中間くらいにしたかったのですが...

# by bau-2 | 2019-02-26 09:20 | ・街路 | Comments(0)
建替え物件

このところ少し気ぜわしく、つい写真を忘れます。
どうもすいません。

で、時たま通りがかりに撮った工事写真です。
あちこちで工事が始っていますが、
そのためには、元の建物を壊さなくてはなりません。

そんなところを見かけると、今よりましな建物になるだろうか、
と、人ごとながら気になります。

こちらは半年以上前の写真で、天神から赤坂に抜ける路地。
そろそろ半分できあがっているはず、
ですが、なかなか通る機会がない。

c0184620_09212693.jpg
で、もう1枚。
c0184620_09230901.jpg

こちらは、先週の写真です。
赤坂二丁目の、おいしいパン屋さんの向いにある小さな角地。

3階建ての、建物でしたが、
個性的な造りだったので、期待してます。 19.02.19  iphone





# by bau-2 | 2019-02-19 09:27 | ・路地 | Comments(0)
浄水散歩

平尾浄水町を久しぶりに歩いてみたら、
こんな坂道に気が付いた。

ここはまだ通ったことがない、と、歩き進むと、

c0184620_12155441.jpg

ちょっとステキな家が、てっぺん近くに。

c0184620_12155839.jpg

カワイイ家だと思うと、間違いで、
下にズズっと伸びていて、

写真左は坂の下、というよりがけの下。
で、玄関のあるここは2階なのです。

紅く塗った塀がチャーミング。
ぽつぽつ穴もあって、風が通り抜けて行く。


散歩ついでに、迷いながらも路地に入る。
突きあたりは、抜けられ、ませんの袋小路。

c0184620_12160136.jpg

いやよく見ると、アパートの間から斜めの線が、
きっと坂道、上まで行ける。
まあ、車が入らないから、いい遊び場に。

で、気ままに歩いて薬院4丁目。
大通りの手前、ビルの間にこんな木造の建物にお店が2軒。

c0184620_12160564.jpg

ちょっと入ってみたくなる。

そのうち夕ぐれ時に入ってみるか。 19.02.05  iphone

文字サイズが揃いませんで、すいません。


ちょっと困っているところ。どなたか理由を知りませんか。
サイズはすべて、左から2番目に大きい文字を選んでいるのですが。
分る方いらしたら、どうぞ教えてください。 excite blog です。



# by bau-2 | 2019-02-05 12:23 | ・路地 | Comments(0)
机に光が

c0184620_11012255.jpg
 
机の前に、光が射して、 

一瞬のようすを、スマホで撮った。 

ペットボトルや、プラスチックケースに

・・・光が反射・・・

     ちょっと不思議な感じになった。  ■ 19.01.22  iPhone



# by bau-2 | 2019-01-22 11:22 | ・objet | Comments(0)
トンネル初夢

ちょっと散歩をしていたら、
正月早々、こんな景色に出会いました。

いえ、ネット上で、google地図でのお散歩でした。
渋谷、京王 井の頭線 神泉駅でのことでした。

c0184620_15543696.jpg

踏切り道に面して、駅のホームが奥へ広がり、
何か不思議な ? ちょっとおかしな景色でした ?

おまけに正面に、y字路坂道
一体どこへ続くのだろう。いいなあ、こんな場所。

通勤駅、というよりも、
これから、遊びに行くようで、、、

c0184620_15550341.jpg

そこで、ひょいとふり向いて、
またまた、いいなと、眺め入った。

二連のトンネル、その先は暗く細く、その上左手には、
又々小さな二連の入口。

まあ見事な2連つながり。と、思ったのでしたが、

入口と並んでいたのは、開け放たれたドアでした。

c0184620_15545532.jpg

それにしても不思議なトンネル、ちょっと入ってみたい入口でした。
タイ料理のお店のようでしたが、

中に入れば長いトンネル続いていそう、
通り抜けたらバンコクだった、そしたら ららら、ちょっと面白しろいけど。

 ■ 19.01.12  google map ストリートビュー


# by bau-2 | 2019-01-15 17:31 | ・街路 | Comments(0)
空地の景色

取壊しの後、駐車場になった場所です。
残された隣の建物が、

いろんな壁材料、いろんな形の開口でおもしろい。

これまでひっそり隠れていたのか、
と、しみじみ、労をねぎらいたい気分。

c0184620_10542417.jpg

正面からの写真はちょっと前、7月17日ににありました。下の写真です。

c0184620_10543198.jpg
 ■ 19.01.09  iphone


# by bau-2 | 2019-01-09 10:58 | ・路地 | Comments(0)
ビルの谷間の初日の出

c0184620_10330648.jpg

初日というのは気持だけ、昨年12月の写真ですが、

いつ見ても、谷間の朝日はトクした気分。
今年もいい年でありますように。 19.01.02  iphone

# by bau-2 | 2019-01-02 10:34 | ・路地 | Comments(0)
映画の帰りに

ちょっと前のことですが、映画がすんで、中州大洋入口前の路地を、

久しぶりに歩いてみたら、どうも、以前と感じが違う。

どこが、一体違っているのだろう、と、少し歩いて、思い出した。

一年以上前に取壊された、ビルの細い空地から、
隣のビルの赤い外壁が見えて、
その色の鮮やかさに、思わずスマホで写真を撮ったのでした。

下はその時の写真です。
c0184620_10182099.jpg
c0184620_10181647.jpg
中ほどに,直行する路地の入口が見えます。
c0184620_10181005.jpg

ああ、そうそう、あのときの、あれが、、、
と、その変りよう、というよりも、

真新しい細いビルが、
まるでずっと前から建っていたかのように、

c0184620_10180329.jpg

両側になじんで建っていて、
ひょっとしたら勘違い ? と思って見直しても、

何度前を歩いてみても、間違いではない、みたい。
まるで、カメレオンが、

自らの体の色を、周囲に合せて変えるような感じで、
すまして、そこに建っている。

裏に回って眺めてみても、
やはり、新参者の印象は、ない。

c0184620_10175979.jpg

ああ、街の様子は、こうして、変って行くのかと、
再び、カメレオンの変身を、思い浮べたのでした。

以前の写真を取りだして、比べてみました。

最後に敷地中ほどにある、細い路地の、
その入口部も、紹介しておきます。
c0184620_10175333.jpg

18.12.25  iphone

# by bau-2 | 2018-12-25 10:29 | ・路地 | Comments(0)
秋の午後

大洋シネマに、小津安二郎監督の「麦秋」を見に行ったのでした。

これは見のがしている、と思って行ったところ、
ちゃんと見ていた。 どうも記憶が錯綜しているみたいで、

少し、暗い作品でした。

映画館を出て、バス停から、まだ明るい西の空を見ると、

c0184620_15461046.jpg

見なれた景色が、なぜだか新鮮な感じで、
少しうっとり、というより、ぼんやりですか。

ただの丸い標識が、逆光で何となく、
詩的に見えたのでした。  たぶん、 映画のせいでしょう。

■ 18.12.18  iphone


# by bau-2 | 2018-12-18 16:25 | ・街路 | Comments(0)
秋のしるし

急に寒くなりました。

c0184620_11125091.jpg

ついこの間、
福岡城の石垣のそばで、落葉がきれいだと思っていたのですけど、

きっと、もう散ってしまっているでしょうね。

あのとき写真を撮ってて良かった。

ちょっと、急いで積んだような石垣前ですが。

c0184620_11130095.jpg


ついでに、堀のそばを流れる、水路の草も

c0184620_11130990.jpg
c0184620_11131859.jpg

晩秋 しみじみ、そろそろ冬か  ■ 18.12.11  iphone




# by bau-2 | 2018-12-11 11:16 | ・路地 | Comments(0)
熊本で

さて、大刀洗、黒川と竹田から、今回は熊本へ、
夕方着いて、友人と会い大盛上がり。

そして深夜ホテルへ帰って、

翌朝、窓のカーテンを開けると・・・目の前に、
お城が、でも、工事中?


c0184620_09130883.jpg

お城、が、、、  熊本城

部屋から見えるだけでなく、朝食のブッフェからは
より正面に、見えました。


朝の散歩で1、2時間、歩いたら、
2年半ほどの地震の跡がまだ生々しい。

なにしろ崩れ落ちた城の足元、そのまんまの石があちこちに
ガラガラ、ごろごろ
回復はまだまだ先か、とため息。

なにしろ崩れた石垣の石、一個一個を、
地面に並べ、元の位置を特定し、それに符号を割当て、

正確に、元にもどす。ああ、気が、遠く、なる、


そんな作業が、延々続けられていました。
この先いったい、何年かかるやら、


で、その後 福岡へ戻って無事旅を終え、
レンターカー返却のあと、空港でお二人をお見送り、


久しぶりの?天神、その端にあるY字路で

c0184620_09125920.jpg


ここはY字の二叉が、ほんのわずかの広がりで
まる厚みがないように見えますが、

心配ご無用、ちゃんと先で広がってます。
地図で確認しましたら、
角度はおよそ20度ほど。りっぱなY字路といっていい。

黒川で、たくさんY字路を観たもので、つい、ついフロクを。

 ■ 18.12.04  GR


# by bau-2 | 2018-12-04 09:21 | あれこれ | Comments(0)
竹田ヘ寄り道

さて、黒川温泉を出て熊本へ、その前に、途中竹田へちょっとで寄り道。

c0184620_10382133.jpg

町のはずれの細い道。
こんな分れ道がありました。これまたY字路分れ道、

かと思ったのでしたが、
大きな屋敷のその一部を、駐車場にしていたようです。

c0184620_10383659.jpg

近寄ってみると味わいのある石積み、
こけむして、うつくしい。

しみじみ、とても、いい。

c0184620_10385655.jpg

先へ進んで、奥の細道のその先に、
ほら穴のような水場がありました。

ははん、この先だな。
と見上げると

ありました。
キリシタン洞窟の礼拝堂です。

c0184620_10514009.jpg

中へは入れませんが、6帖ほどの広さで祭壇があり、

中央部はドーム天井になっているそうです。

c0184620_10514433.jpg

左右の小さな扉は側廊の入口で、

右手に少し黒く見える洞窟は、神父さん達の居住跡、

約400年前、竹藪の奥で信仰を守っていた人達がいた、
と、考えられているらしい。



c0184620_10551388.jpg

一方こちらは、武家屋敷の通り。
石垣上の土壁がおもしろい。
よそには見られない、せり出した塀で、

あれこれ考えた、その結論は
進入防止にちがいない、

そう思うとだんだんそれらしく見えてきます。
ひょっとすると雨の滴よけ、かもしれません。

c0184620_10552681.jpg

こちらは塀代りに建物が建っていて、
それだけで進入防止となっている。

大きな屋敷なので家老か何か、偉い方のお屋敷でしょう。

c0184620_10553285.jpg

正面から見ると、端正な構成が見事で、つい、桂離宮を思い浮べてしまいました。

 ■ 18.11.27  GR






# by bau-2 | 2018-11-27 11:51 | ・路地 | Comments(0)
黒川温泉

c0184620_09022621.jpg

先週の続きで黒川温泉へ、

上は朝の散歩で、細い坂の階段道を、下りてきたところ。

T字路か、と、 そう思ったていたら、Y字路で


Y字路か、と思ったら、そうでもない。

c0184620_09031442.jpg

なんと下りの階段が続いており、つまり、ここは十字路なのでした。

突きあたりは、どうやら共同浴場のよう。

c0184620_09031831.jpg

階段を下りずに、

左へ進むとこんなカーブ。「白玉っこってなんでしょう。

出窓あたりの板張りが、ちょっとかっこいい。

そうか、ここ黒川あたりは、杉の名産地、だったのでした。


c0184620_09063760.jpg

今度は坂を上って見上げると、 再びY字路。

坂とY字路、いいなあこれは、

c0184620_09064442.jpg

先へ進むと、またまたY字路。 いいなあ黒川温泉。
ただし右手は狭い道

上の道出て、右へ曲って、先へ、進むと、

c0184620_09075399.jpg

なんと、またまた坂のY字路。

坂の宝庫」は「字路の宝庫

自然にできた道は、こうなのですね。


計画道路だと、こうはならない。 ■ 18.11.20  GR 




# by bau-2 | 2018-11-20 09:49 | ・路地 | Comments(0)