人気ブログランキング |
城南線の取壊し その2

一月前の近所の工事、その後です。

c0184620_11342103.jpg


解体工事が終って見通しがよくなって、
すこしさびしい角地です。


c0184620_11341897.jpg


廻りはビルに、囲まれてます。
ほとんどマンションばかりのよう。

一抹の、寂しさを感じます。

c0184620_11341509.jpg

昨日、バス停から眺めたら、大型クレーンが2台、

ひだりは地中から、なにかを掘出し、
たぶん、以前のビルの杭基礎でしょう、

そして右は、今から造る新たな杭基礎?
こんなのっぽのクレーンを見ると

これまで見ていた3台の黄色いクレーンが
なんともなつかしく思えます。

かすかに、ちょっと見えますね。

果して一体、なにが出来るのでしょう。 
10数階建のビルでしょうか、それともマンション?

どっちにしても、しばらくちょっと騒がしい。
   19.07.16 iphone 



# by bau-2 | 2019-07-16 11:50 | ・街路 | Comments(0)
いつもの道とたまの道

いつもの道は、行き過ぎるだけ、

しかし、写真で見ると、電線の多さに気付きます。

c0184620_11393194.jpg

そばのマンションに住む人には、鬱陶しいだけでしょうけど、

慣れてしまえば、そういうもんだと、
気にならにのかもしれません。

c0184620_11393528.jpg

一方こちらは、西鉄薬院駅の北出口。
これまで気付かなかったのでしたが、

鉄塔に電線、高圧なのかフェンスに囲い。

まったく気付きませんで、
あんがい、目に着かないものですね。

電車の高架に、気をとられるせい?
それとも、上方向はあまり見ないもの?

その帰り道、
遠回りして少し散歩、

c0184620_11393967.jpg

薬院新川沿いにマンションぎっしり、
久しぶりの散歩はおどろきです。

c0184620_11394216.jpg

路地に入ると鮮やか色の外壁2棟。
知らない町を歩くよう。 その変化に驚きます。

19.07.09 iphone
このところ、変化がとても、大きいように感じます。



# by bau-2 | 2019-07-09 11:42 | ・路地 | Comments(0)
迷い歩きの谷

順不同ですけど、先日、谷近辺を散歩した時の写真です。

c0184620_11322726.jpg


あちこち歩いていて、この交差点には何度も出くわしました。

写真に撮ったのは、電線が気になったからですが、

c0184620_11322412.jpg

けっこういいでしょう?

で、坂を上りました。
順不同で、位置関係はばらばら、ですが、

c0184620_11323123.jpg


上りきった所で、こんな立派な構えの家が、

c0184620_11323421.jpg

そして、その反対端の細道が、こんな急な坂。

c0184620_11324334.jpg

迷い廻って一息ついたのが、坂下のこんな場所。
仲良し兄弟のような木造アパート、

仲良し二人組が通りました。

c0184620_11323830.jpg

そして大通りに出ると、バス停前はこんな景色。

地形がよく分ります。谷という地名は、
起伏ある場所の、傾斜地一帯に付けられた名前のようです。

広大な土地ですが、
ビルにしろマンションにしろ、そうとう大規模な
計画となりそうです。

このあたり、もう一度歩いてみないと
地形がよく分りません。  19.07.01 GR

おや、またまた、文字が小さくてすいません。
 

# by bau-2 | 2019-07-01 11:57 | ・路地 | Comments(0)
散歩帰りの桜坂

ちょっとついでがあったので、六本松から桜坂へと寄り道を、

c0184620_10242465.jpg


ところが、裏道へ入ると道がくねって、方向が判らなくなる。

で、毎回新鮮だ。 こんな石垣初めてだし、

c0184620_10242143.jpg

いやいや、そうでもない。

以前、歩いた時には反対側から来たはずだ。
だから感じが違って見える。


歩き進むと、見なれた下りの坂が、


坂を下ってその先で、慣れない道へと入ってみる、

すると再び知らない場所へ、
ちょっと古い木造2階、奥の方にはアパートが、

c0184620_10241341.jpg


以前、よく見かけた構成だ。

c0184620_10241023.jpg
ちょっと惹かれる造りです。

  そこから気ままに歩いて行くと、、、、、

c0184620_10240740.jpg

知ってるような、知らないような、こんな角地があっただろうか、

しかし、歩き進むと判ってくる。

c0184620_10240313.jpg

小道に架かった歩道橋、ああ、あの女子校のあの道だ。

遠回りになると判っていながら、つい横道へ。

もうそろそろ帰らなくては、

左へ進んで見なれた場所へ、
   そして、無事仕事場へとたどり着く。  19.06.27 GR


# by bau-2 | 2019-06-27 10:33 | ・路地 | Comments(0)
駅の景色

たまにしか、行くことのない博多駅、
だから、行ったらうろうろうろつき廻る

c0184620_15090901.jpg

駅ビル壁面に、当った夕陽が前方のビルに、反射する。

c0184620_15091357.jpg

うろうろした後、仕上げは丸善、

陽が落ちかかっていい感じ、

駅のホームに通勤帰りの人の、その右手に、書店の棚が映り込み、

なんとも不思議な光景、
書棚の先にビルが小さく連なって、

まるで平置きの本を立てたよう。

       頁をちょっと、めくってみたくなる。  19.06.19 iphone

あいかわらず文字が揃いませんで、すいません。



# by bau-2 | 2019-06-19 15:23 | ・街路 | Comments(0)
城南線の取壊し

このところ、あちこちで解体現場を見かけますが、

c0184620_10033446.jpg

仕事場そばの通り道、城南線の角地にあったビルふたつ、
表通りは3階建て、奥の方は2階建て、並んで慎ましく建っていた。

そこが目隠しシートで囲われ、
とうとう始るか、と思っていた。


ガラス面に映っているのは、路地向いの旧逓信病院。
現在は、福岡中央病院 と名前が変っている。

c0184620_10033816.jpg


5月半ばに始って  23日で、こうなった。

大型建築なら全面を囲うのだろうけど、
小さい現場では慎ましい。

一気に始って、クレーン車も3台、

c0184620_10034152.jpg

月末には、こうなった。

c0184620_10034581.jpg

放水してコンクリートの埃を押える

鉄筋は、まるで針金のよう。

c0184620_10034891.jpg
c0184620_10035190.jpg

登山のように瓦礫を登り
外側の壁だけ残して、内側から攻めて行く。

c0184620_10035431.jpg

ほとんど解体し終ったが、外側だけ残っている。

c0184620_10035766.jpg

放水でほこりを押え、そろそろ完了だ。

この間一月足らず。
造るのは時間がかかるが、

壊すのはあっけない、 次になにが建つのだろう。
19.06.11 iphone

ちなみにこのホース、人が持っていると思っていたけれど
固定する台があって、一定方向に放水してました。

どうも文字サイズが そろわなくいてすいません

追記 取壊しの現場は現在福岡市のあちこちで見かけられますが、
こちらは規模が小さしせいもあって、丁寧な作業で行われているようです。
外壁を残して、出来るだけ残骸を内に閉込める、
規模が小さいから出来ること、かもしれません。

前回のオリンピック前に行われた取壊しは、
巨大な鉄球をクレーンで振り回して破壊してましたっけ、
市川崑監督の記録映画は、そのシーンから始りましたな



# by bau-2 | 2019-06-11 10:27 | ・路地 | Comments(0)
歩道橋にタワー

c0184620_11313089.jpg

いつもの kbc シネマ行き

信号待ちで1枚パチリ、タワーですけど
まるで、歩道橋から生え出たみたい


そしていつも変らぬ変電所?

c0184620_11313626.jpg


帰り道で、少し寄り道 駐車場

錆のぐあいが いいかんじ、秘密の部屋がありそうで

c0184620_11314486.jpg

その斜向いに一軒家

これがまたいい雰囲気、映画を撮るならこの家から

と、ずっと前から思ってた

c0184620_11323521.jpg

そんな機会は、ないけれど、、、

なんとも、不思議な感じに見えるのは、
ひだり側1本の柱で支えられているような、そんな風に見えるから

玄関は、緑の奥の暗がりに、あるようだけど
よく分らない

建物は緑の庭の、その上に、浮んでいるように見えるから


その玄関あたりから、シンプルな服着た
髪の長い、憂い顔の少女が出てきたら、

と、そんな様子を想像すると、
右手の壁まで魅力的

おまけに、屋根のその上に、
小さな座敷か、と 思えるような個室が浮び、

それは、ずっと向うの4階でしょう? どことなく、不思議な見え方いい感じ

まさか先ほどの、錆びた外壁の 部屋ではないか ?

タワーの近辺 歩いてみると、あぶくのように 妄想いくつも生れます

 19.06.04  i phone


# by bau-2 | 2019-06-04 11:39 | ・路地 | Comments(0)
夕ぐれ天神

あちこち工事の、天神の裏通り。

オリンピック前の建設ラッシュなのか、
どこもここも、ざわついている。

夕ぐれ時に歩いてみると、

ン?、けっこう綺麗、、、ではないか。
とくに正面ビルの、ガラス面。

c0184620_15261068.jpg

なにか、吸込まれそうな、夕ぐれで、
つい、スマホ取出し、写真をパチリ。

少し進んで、もう1枚

c0184620_15193271.jpg

左側に見えるガラスは、地下の自転車置場への入口、
だと思う、、、

綺麗では、と、思ったのは、ひょっとすると
夕ぐれ時の 光のせいか ?

 19.05.28  i phone


# by bau-2 | 2019-05-28 15:47 | Comments(0)
電線小路 3景

いつも、遠くから見ている電線小路、 

c0184620_17543640.jpg

たまには、近寄ってみてみようか、と、
大通りを渡る、

たまたま雨上がり、だったよう。5/8

c0184620_17544236.jpg

別の日は、すこし大きく拡大しました。
入り組んだ電線が、面白い、、、 5/18

そして、また別の日の、夕方、、、

c0184620_17544682.jpg

その日はちょうど雨上り、

なんと、虹が、架かっていたのです、、、
空気が澄んで、しっとりと、

電線と、濡れた歩道、と
そのむこうに  虹 、、、 5/20

とても得した気分、になりました。

 19.05.21  i phone


# by bau-2 | 2019-05-21 17:56 | ・路地 | Comments(0)
美野島お散歩 7

あまりにくねくね歩いたもので、
すでに順不同となってしまったみたい です。

このへんで、もう、前後があやふや、
とほほ、

で、順序は、適当に並べて紹介します。

c0184620_09341150.jpg

空地となったパーキングから、こんな、紅い建物が見えました。

で、道を曲って近寄って、見ましたが、

c0184620_09340079.jpg

これ以上近寄れなくて

残念でした。

c0184620_09341781.jpg

で、次はきれいな外壁、紅い看板が対比的。

c0184620_09342649.jpg

そしてお次は、ふたたび紅い壁。
左右対称 堂々と、

さらに遠くに、御殿のような高層マンション。

c0184620_09344172.jpg

迷ったあげくに大通りに出て、

するとじわじわ日も暮れて
灯が、ともり、、、、

c0184620_09345111.jpg

そして、大通りからバスで帰ったのでしたが、

美野島から住吉の、このあたりはとっても面白い。

おわり
 19.05.14 GR


# by bau-2 | 2019-05-14 09:51 | ・路地 | Comments(0)
美野島お散歩 6

前回の露地を出て少し歩く、

と、こんな駐車場に、こんな裏窓、そして裏壁、、、

c0184620_09451287.jpg


回り込んだら、こんなに、薄かった、、、下の写真です。

いったいこれは、なんでしょう?

c0184620_09451891.jpg

こんなに薄い! 
オオ!! これは、

ひょっとしてこれ、あの時のあの店、ではなかったか ?

c0184620_09452239.jpg
c0184620_09453792.jpg

オオ!!!そうだ、やっぱりそうだった。

c0184620_09454068.jpg
c0184620_09454355.jpg

1年前のあのときの、一瞬ニューヨークかと間違えた、

あの時の、あの通り、、、
前回の終りで説明しましたね

ちなみに、反対側の壁面は、こんな風で、ゆったり幅広でしたが。 19.05.08 GR

c0184620_09454643.jpg

今回のお散歩、まだまだ続きます。


# by bau-2 | 2019-05-08 09:48 | ・路地 | Comments(0)
美野島お散歩 5


c0184620_09291443.jpeg

露地を歩き進むうち、

方向感覚がなくなっていることに気がついた。


住吉4丁目あたりか5丁目か?


空襲に会わなかったから残ったのか、
それとも・・・別の事情があったのか。

c0184620_09291903.jpg
c0184620_09292563.jpg

なにがともあれ惹かれるままに、歩いてゆくと、

c0184620_09293248.jpg

細い通りでとり壊しが、

おや ? ここは、、、

c0184620_09294067.jpg

ここは、あそこ、ではないか、、、

そうだ、やっぱりそうだった。

c0184620_09294730.jpg

ここは、あそこ
半年前に写真を撮った、

c0184620_09295321.jpg

あそこに確か、まちがいない。
ちょっとワクワク
ちょっとドキドキ

と、やっと気が付いたのでした。

このサイト内、2枚目の写真あたりの右欄検索枠、
「 住吉散歩 」最後の方で、出てきます。    19.04.30 GR

続きはまた次回   今回 平成最後のブログでした。




# by bau-2 | 2019-04-30 09:47 | ・路地 | Comments(0)
美野島お散歩 4

前回の道を、さらに、歩き進んだら、、、
c0184620_10101390.jpg

大きな木造、なんでしょうか。
露地の奥に、玄関が、あるみたい。

自転車の人について、角まで行くと、

c0184620_10102061.jpg

おおっ、なんとっ、カッコいい!

ちょっとさがって、全景を。

c0184620_10104022.jpg

電線までがサマになる。
散歩の醍醐味こんな時。

アパートだと思うのですが、ひょっとすると、
工場か何かの、家族寮、だったかも。

さらに進むと、

c0184620_10105369.jpg

こんな具合

入口は、道路に面して、こんな風。

c0184620_10105933.jpg

むかしなつかし6畳一間?

そして、

美野島散歩の、スタート地点あたりにあった物干台。

c0184620_10112203.jpg

手前にあった? 一軒家にも、
似たような物干台があったなら、

いいお天気ですね、助かるわ、
いっぱい洗濯しましたの、、、

なんて会話が、聞えそう。

「昭和は遠くなりにけり」

この続きは、また次回   19.04.23 GR


# by bau-2 | 2019-04-23 10:25 | ・路地 | Comments(0)
美野島お散歩 3

前回の続きで、歩き進むと
c0184620_09563436.jpg

壁のダクトがま新しい、
一体なんの店でしょう。焼鳥? それとモツ焼?

その手前はま新しい。けどお店ではなさそうで、
よく見ると、モダンな住いのようでした。

車を駐められるよう、バックしています。

建て変る時、
小さい区画だったらモダンな一戸建。
まとまった区画の場合は、4.5階建てのマンションか、

そんな感じで変化して行くようです。


もう少し進むと、今度はちょっと変った建物。
残念ながらシャッターが下りている。

後から調べたら、漬物屋さん、でしたが、
c0184620_09571463.jpg

きれいに錆びて風格あり。

ちょっと不思議な建物で、側面の壁がきれいです。

c0184620_09573289.jpg

向う側から見てみると、隣が空地で、奥が深い。
左手の木の壁は、反対側が青く錆びた壁の家です。

空地になったら、すぐに何かが建ちそうな、
いずれは建て替え、大きな建物になるのでしょうか。

空地と工事中が、いくつも見られます。

c0184620_18293956.jpg


そして、突きあたりの簑島橋から岸辺を見ると、
すでに建て変って、5階建てのマンションになっていた。

一部で残る一戸建。

その向う側の通りは、
こんな感じで残ってました。

c0184620_09575717.jpg

あたりには、こんな感じの住宅が、

続きは、また次回   19.04.16 GR


# by bau-2 | 2019-04-16 10:05 | ・路地 | Comments(0)
美野島お散歩 2

美野島散歩のつづきです。

 美野島通りの中ほどから、南へ向います。

c0184620_10092483.jpg

通りのあちこちで、細い路地が見えますが、
すこしくねって、見通すことが出来ません。

c0184620_10093374.jpg

ちょっとそそられる、小道です。けど、
とりあえず、見るだけにして先へ進みます。

c0184620_10093789.jpg

で少し広い、十字路にさしかかりました。
左手に「かどや」という、古くからの食堂があります。

ここから右方向へ進むと、美野島商店街、のはずです。

通りの先に、仲のよさそうな子供が二人、

c0184620_10094861.jpg

c0184620_10094029.jpg

曲って進むと、またまたくねった小道、
少し進んで、ははん、これを行くと元の道に行きあたるな?

実際はそうではありませんでしたけど、、、
後からグーグルマップで調べました。

c0184620_10095936.jpg

で、美野島商店街を進みます。

果物屋を兼ねた八百屋さんがありました。
他に開いているお店は、少なそう。

で、左手の空地を見ていたら、

c0184620_09514297.jpg

さっきの二人に、追いつきました。
同じクラスか、それとも兄妹か、

自分にも、こんな年頃のころがあったけど、
と、思いつつ数えてみると、もう何十年も前のこと、

たぶん背景の、あの建物が出来たころ、かも ?
そう考えて、少ししゅんとした。

この続きはまた次回、   19.04.09 GR

ーーー あとがき ーーー

グーグルの地図を見ると分るのですが、
四角い町割に、所々で斜めの路地がある。
それがくねって、おもしろそう。

ところがそれを進むと、たぶんですけど、
元に戻れなくなり迷ってしまう。

ここが我慢のしどころで、

今回は、10年ぶりくらいに同じ通りを
歩いてみるのが目的と、ぐっと我慢をするのでした。

# by bau-2 | 2019-04-09 10:22 | ・路地 | Comments(0)
美野島お散歩

久しぶりに思い立ち、そうだ美野島
と、歩いてみる気になりました。

何となく惹かれるのですね、商店街のあちこち、、、

 その北側にある、住吉の飲食店というか木造飲屋ビルの写真は
 昨年6月に、紹介していましたけど。リンク

で、美野島と住吉は、隣合っているのですが、
まずは住吉と美野島の、中間あたりを歩きます。

通り中ほどに、こんなカッコいいY字路があるのです。
まあ、美野島通りのヘソといって良い?

c0184620_10094998.jpg

江戸川乱歩の、小説に出てきそうな、いい感じ。
まずは、ここから初めましょう。

この近辺、シャッター閉じたままというのが結構ありますが、
夕方の、まだ5時前だったからでしょうか。

そして、通り沿いのあちこちに、パーキングとなった空地がありました。


普通なら見えないはずの側壁が、
そこに、まるで断面のように現れます。

で、一歩入るとこんな建物、

c0184620_11071582.jpg
右手はたぶんアパートでしょうが、
その左が何か、見当がつきません。

倉庫か、それとも何かの秘密がありそうな、と
探偵小説を思い浮べて興味津々、

通りに戻ると、のどかな景色、


今回は予告編のようなもの、まだ整理がついてないもので、

次週、乞うご期待!   19.04.02 GR

どうも文字サイズが揃いませんで、すいません。

# by bau-2 | 2019-04-02 11:20 | ・路地 | Comments(0)